RushDriveはクラウド型ファイル共有サービスです。
データをクラウドで保管し、チームメンバー間で共有できます。
もちろん、スマートフォンでも同じようにご利用いただけます。

ユーザー数無制限で大容量
テレワークにも最適なビジネス向け機能を備えています

ユーザー数無制限で、高いコストパフォーマンスを誇る法人向けクラウドストレージサービスです。
社内のファイルの一元管理や、離れた拠点間でのデータ共有・管理などが可能で、テレワークでの利用にも最適です。

また、チームでの共同作業をより効率にするために設計されていますので、組織の規模に応じた柔軟なユーザー管理やユーザー動向の監視など、法人向けのサービス・機能を数多く備えています。

大切なデータをクラウドに保存で安心

  • トレーニングの手間も期間も不要、簡単にクラウド上に保存
  • 社内のローカル環境と同様にファイルサーバーとして利用が可能
  • お客様のデータは3重にも保管されるため、万一のハードウェア故障でも安心
  • 機密性を確保しながら、ユーザーIDとパスワードにより強固な環境を構築

ファイル共有で共同作業を簡単に

  • 使いなれたフォルダ構造でファイルを追加、表示、編集、整理が可能
  • タイムリーで効率の良いテレワークが実現
  • サイズの制限なしでファイルとフォルダを共有
  • ファイル共有リンクを使用して無制限にファイルやフォルダを共有
  • ファイル共有リンクにパスワードや有効期限を設定が可能

チーム作業がより簡単に

  • プロジェクトの共同作業用に共有フォルダを作成
  • 簡単に同じファイルやフォルダをチーム全員(社内外)で共有
  • 適切なユーザーだけがファイルを参照できるようにフォルダのアクセス許可を制御
  • 世界中の離れた場所にいながら共同作業を効率化

デバイスを問わず、いつでも、どこでも

  • 場所・端末問わず全てのファイルを見ることが可能
  • 公式アプリでiPhone/iPad/Androidデバイスからもアクセスが可能
  • いつでも、どこでも、デバイスさえあればすぐテレワークオフィス

2要素認証設定

  • 2FA(2要素認証)設定のオンオフが可能に
  • モバイルアプリやEmailでのワンタイムパスワードでのログイン
  • ストレージ統計が確認出来るレポート機能
  • さらに向上したセキュリティ対策

セキュリティ、IT管理も簡単に

  • ご要望をお聞かせ頂ければコンサルティングサポート
  • SSL通信に加え、シークレットキーによる2重暗号化
  • レポート機能で変更したファイル、ユーザー一覧の確認が可能
  • ユーザー・グループの設定、権限や共有を調整、アクセスデバイスの確認が可能
  • 特定のデバイスからのアクセスブロックやログイン履歴などの確認が可能
  • 日本国内のデーターセンターにて管理


RushDriveの特徴

ファイル同期

RushDriveに保存しているすべてのファイルに、デスクトップから直接アクセスできます。

リンク権限

ファイル共有リンクにパスワードが設定でき、また有効期限を設定してアクセスを管理することができます。

ファイルやバージョンの復元

削除したファイルを復元したり、世代を問わず前のバージョンを簡単に復元したりすることができます。

管理者画面

チームのアクティビティのログやアクセスを管理できます。
また、リンクしたデバイスを確認、共有アクティビティを監査することができます。

ユーザー管理

ユーザーやグループの設定、権限や共有の調整や管理ができます。

チームフォルダ

チームでフォルダを共有でき、共同作業などが簡単にできます。

ストレージ

必要に応じて容量を追加することが可能です。

外部チームとの共有

招待することでライセンスを持たない外部のユーザーに対してRushDriveへアクセスを許可することができます。

マルチデバイス

PCで各種クライアント(Windows/Mac)、iPhone/iPad、Androidなどのスマートデバイスからもアクセスできます。

PAGE TOP
MENU